奥歯の痛みは、親知らずが原因かもしれません

親知らずとは、歯並びの一番奥に生えてくる歯です。かつては普通に奥歯として使われていましたが、食生活が変わりあごが小さくなってきている現代において、並ぶスペースが足りないために斜めに生えてきたり一部埋まったままだったりと、正常に生えてくることはほとんどありません。

正しく生えていない親知らずは、放置すると痛みを伴うなどトラブルを引き起こすことがあります。奥歯に痛みがある場合には、一度当院にご相談ください。

親知らずは、必ず抜くわけではありません

「親知らずは必ず抜くもの」と思われている方が多いかと思いますが、実際には必ず抜くというわけではありません。抜歯のおおまかな基準は以下のとおりです。

抜歯するケース 残すケース
  • 斜めに生えている
  • 手前の歯を押し、歯並びを乱している、または乱すことが見込まれる
  • 歯みがきがうまくできず、虫歯になっている、またはなることが見込まれる
  • まだ生えてきていないが、歯ぐきの中で神経を圧迫して痛みがある
  • 正しい向きでまっすぐに生えている
  • 噛み合う歯があり、きちんと奥歯として使えている
  • まわりの歯に悪影響を及ぼしていない
  • 歯みがきがきちんとでき、虫歯や歯周病になる可能性が少ない

抜歯するかどうかは、きちんと診察してから判断します。無理やり抜歯を行うことはありませんので、まずは親知らずを診せにご来院ください。

抜いた親知らずは、移植できます

実は、抜いた親知らずをもう一度活かせる治療法があるのをご存知ですか? その方法が「移植」です。

移植とは、親知らずなどの不要な歯を抜歯し、重度の虫歯などで抜歯した部分や、歯のない部分にその歯を植え、再び噛めるようにする治療法のこと。自分自身の歯を埋め込むため、定着率がよく身体にも優しいのが特徴です。

抜いた後の注意点

親知らずを抜いた後は、医師の指示によく従い、次のことに注意しましょう。

  • 抜歯時の麻酔は、手術後もしばらく効いています。唇や頬の内側を噛んでも気づきにくいので注意してください。
  • 抜歯した部分にできる血の塊は、抜歯した穴の治癒に必要なものですので、強いうがいで流してしまわないようにしましょう。
  • 痛みがあっても、冷やし過ぎないようにしましょう。
  • 処方された痛み止め、抗生物質は、医師の指示どおりきちんと飲みましょう。
  • 抜歯当日は、激しい運動や飲酒、長時間の入浴などは控えてください。
  • 抜歯した穴は、できるだけ舌や指などで触らないよう注意し、清潔に保ちましょう。

当院では、日本歯科大学、日本大学松戸歯学部、墨東病院と提携しております。難症例の場合も、提携医院と協力して治療を行いますので、ご安心ください。

その他のお口のトラブルもご相談ください

親知らず以外にも、当院では次のようなトラブルに対応しています。まずはお気軽にご相談ください。

できもの 頬の内側、舌、唇などにできたイボやできものを切除します。
お口の中のケガ、骨折 唇や歯ぐきの粘膜を切った、などといったケガ、骨折などの治療を行います。
歯が折れた・唇を切った 事故などによって、歯が折れた、唇が切れたなどの外傷を治療します。
お口まわりの炎症 なんらかの炎症によって、顔が大きく腫れている、口があかない、痛みがひどい、といった場合に治療を行います。

親知らずでお悩みの方は、まずはご予約ください
03-3675-4182

PAGETOP