歯を白くする前に~歯を支える土台の治療が大切です~

白い歯の女性

「銀歯が気になって口元を手で隠してしまう」「白い歯列の中で目立つ銀歯をなんとかしたい」というお悩みを解消するために行う審美歯科治療です。そこで、こちらのページでは「歯を白くしたい」「審美歯科治療を受けたい」という方のために、治療前に覚えておいてほしいことを「西葛西スマイル歯科クリニック」がご紹介します。

まずは「根管治療」と「歯周病治療」からはじめましょう

美しくて健康的な口元をつくるうえで、銀歯をセラミックなどに交換する審美歯科治療は非常に有効です。見た目ばかり注目されがちな審美歯科治療ですが、お口の健康状態を守るためにも効果的な治療といえるでしょう。そんな審美歯科治療を行う上で重要なのが、セラミックなどの審美素材を支える土台、歯根や歯茎の健康です。

そこで当院では、歯を白くする審美歯科治療の前に、必要に応じて根管治療歯周病治療をお願いしています。健康な土台づくりからはじめ、美しくて白い歯をずっと使い続けましょう。

重度の虫歯が発見されたら?「根管治療」について

歯を支える歯茎や顎は大丈夫ですか?「歯周病治療」について

重度の虫歯で歯を失わないために~根管治療~

虫歯が進行して神経まで達すると、ズキズキという痛みを感じるようになり、重度の場合は抜歯の必要性があります。しかし、歯を抜いてしまうとさまざまな悪影響があります。そこで、歯の内側にある根管(こんかん:神経や血管などが通っている管)内を洗浄し、虫歯に冒された神経などを除去。きれいになった根管内に薬剤を充填する「根管治療」を行います。この治療によって抜歯せず、大切な歯を残すことができるようになりました。

ただし、根管は細くて複雑な形をしているので、治療はとても難しく、再治療になってしまうケースも少なくありません。そのため、確かな技術と経験、そして設備が整った歯科医院で治療を受ける必要があります。

どれだけよい審美素材を使っても、それを支えている歯が抜け落ちてしまえば意味がありません。そこで審美歯科治療の前には、きちんと虫歯を治すことが大切。必要に応じて根管治療を行いましょう。

根管治療の流れ

STEP1 神経の除去 STEP2 根管の清掃 STEP3 消毒
STEP1 神経の除去 STEP2根管の清掃 STEP3消毒
虫歯に冒された歯を削り、根管内の神経を取り除きます。 根管の長さを計測します。また、虫歯菌に冒された歯根内をきれいに清掃します。 歯根内を消毒します。虫歯菌が残っていると再発するリスクがあるので、丁寧に行います。
STEP4 充填 STEP5 密閉 STEP6 土台・クラウン装着
STEP4 充填 STEP5 密閉 STEP6 土台・クラウン装着
きれいにした歯根に充填剤を隙間なく流し込んでいきます。 根管内を充填剤で満たしたら密閉します。 土台をつくり、被せもの(クラウン)を装着して治療完了です。

歯を支える歯茎や顎の骨の健康を守りましょう~歯周病治療~

歯周病が気になる女性

歯周病とは、歯周病菌によって歯を支える歯茎や顎の骨が溶かされていく感染症です。悪化すれば歯がグラついたり、歯ぐきから出血したりといった症状が現れます。そのまま放置すれば、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうこともあります。

つまり、歯周病に感染した状態で審美歯科治療を行っても、いつか歯が抜け落ちてしまうかもしれないというリスクがあるのです。せっかく手に入れたきれいな歯ですから、健康に使い続けたいものです。そのためには、審美歯科治療の前に適切な歯周病治療が欠かせません。

歯周病を予防し、大切な歯を守りましょう!予防歯科についてくわしくはこちら

PAGETOP